【FXGT】2月・無料の口座開設で15,000円の取引ボーナス!

XMtradingのレバレッジ制限とは?制限の種類と解除方法を解説

XMTrading

こちらのページではXMtradingのレバレッジ制限と制限の種類、解除方法について解説しています。

レバレッジは自己資金に対して何倍まで取引できるのか、取引の担保である必要証拠金の多い、少ないに関係してきます。

XMtradingでは一定の条件で最大レバレッジが規制される、レバレッジ制限の仕組みがあります。

簡単に言ってしまうと、アカウント単位の口座残高によってレバレッジが制限されるというものです。

レバレッジが制限されると、必要証拠金(担保)も大きく変わってきますので取引に影響します。

どのような条件下でレバレッジが制限されるのか?について確認していきましょう。

レバレッジとは

レバレッジとは「てこの原理」のことで、物理的には小さな力で大きなものを動かすことを意味しています。

FXでのレバレッジはFX会社に必要証拠金(担保)を預けることで、預けた資金以上の金額を取引できる仕組みのことです。

 例えば自己資金を10万円だった場合 
  • レバレッジ10倍なら100万円分の取引が可能
  • レバレッジ25倍なら250万円分の取引が可能
  • レバレッジ500倍なら500万円分の取引が可能
  • レバレッジ1,000倍なら1,000万円分の取引が可能

といった具合に、レバレッジが高いほど自己資金の何倍もの取引が可能となります。

小さな資金で大きな利益を出せるレバレッジは、FXの最大の魅力であると言っても過言ではありません。

またレバレッジが高いほど取引額を増しますので、より小さな値動きでも大きな利益を狙っていくことが可能です。

XMのレバレッジは最大1,000倍

XMtradingの最大レバレッジは口座タイプによって違います。

口座は

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • 極み口座
  • ゼロ口座

の4つ口座タイプから選べます。

それぞれの口座タイプの最大レバレッジは下記の通りです。

口座タイプ マイクロ スタンダード 極み ゼロ
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍 1,000倍 500倍

マイクロ口座、スタンダード口座、極み口座が最大レバレッジ1,000倍。

ゼロ口座のみ最大レバレッジ500倍になっています。

ゼロ口座は取引手数料が掛かるもののスプレッドが他の口座タイプより狭い、スキャルピング向けの口座です。

ですので、通常の取引であればXMtradingでは最大レバレッジ1,000倍で取引することが可能です。

XMtradingの詳しい口座タイプの違いについては、下記のページ解説していますのでご参考ください。

レバレッジは必要証拠金(担保)に影響する

FXの必要証拠金(担保)は対円通貨ペアの場合

  • 【 取引量 ✕ 為替レート ÷ レバレッジ数 】=【 必要証拠金 】

で算出されます。

国内FX会社とXMtradingの必要証拠金の差を比較してみましょう。

 米ドル/円の取引で為替レート130円とした場合
  レバレッジ 取引量 証拠金(担保)
国内FX会社 25倍  1万通貨 52,000円
1,000倍  1万通貨 1,300円

国内FX会社では金融庁が定める法令により、どのFX会社でも最大レバレッジが25倍に制限されています。

そのため日本人トレーダーが好む米ドル/円を取引する場合、国内FX会社とXMtradingとの必要証拠金の差は40倍にもなります。

国内FX会社では、1万通貨の取引をするために52,000円(米ドル/円:130円の場合)もの証拠金(担保)が必要です。

2万通の取引であれば100,4000円、3万通貨の取引であれば156,000円の証拠金が必要になります。

そのため最初の口座資金は30万円、50万円と多額の口座資金が必要になってしまいます。

また、口座資金の25倍までの取引となってしまうため、小さな値動きでも利益を狙っていくとなるとより多くの口座資金が必要です。

このように、レバレッジ数が高いほど少ない資金で取引ができる

  • 少ない資金で取引ができる
  • ポジションを多く持てるので、小さな値動きでも利益が出せる

という理由となっています。

ハイレバレッジのメリットとデメリット

ハイレバレッジのメリット
  • 少ない資金で大きく取引ができる
  • 少ない資金で大きく利益を出せる可能性がある
  • 少ない値動きでも大きく利益を出せる可能性がある
  • 必要証拠金(担保)が圧倒的に少なくてすむ

ハイレバレッジのメリットは、少ない資金で大きな取引が可能な点です。

大きな取引が可能なので少ない資金でも、また少ない値動きでも大きく利益を出せる可能性があるというのは、FX取引の一番のメリットです。

ハイレバレッジのデメリット
  • 大きく損失となってしまう可能性もある
  • 少ない値動きでも大きな損失となってしまう可能性もある

ハイレバレッジのデメリットは、少ない資金で大きな利益を出せるというメリットがある反面、逆に大きな損失となってしまう可能性もあるという点です。

取引という性質上、損失となってしまう場面も多々あるわけですが、ハイレバレッジで取引する場合には、より資金管理の重要性が増してきます。

XMのレバレッジ制限とは

XMtradingのレバレッジ制限は、大きく分けると2つに分類できます。

  1. 有効証拠金総額によるレバレッジ制限
  2. 取引銘柄によるレバレッジ制限(為替、証券CDF、貴金属など)
  3. 臨時のレバレッジ制限

3の取引銘柄によるレバレッジ制限は、その銘柄を取引する際に予め決められたレバレッジが適用されるという決まりになっているという特徴があります。

1.有効証拠金総額によるレバレッジ制限

XMtradingの為替取引でレバレッジ制限となる条件は

  • アカウン単位の有効証拠金総額が一定以上の金額に達した場合

に規制が行われます。

有効証拠金とは

有効証拠金とは「口座残高」と「ポジションの損益」を加味した口座残高になります。

XMtradingのレバレッジ規制は、アカウント単位の有効証拠金総額が対象となっていますので、複数の口座で運用中であれば、すべての口座の口座残高、保有中のポジションの損益で算出する必要があります。

 為替取引のレバレッジ制限
対象口座タイプ 有効証拠金総額 円(130円換算) 最大
レバレッジ
マイクロ口座
スタンダード口座
極み口座
ゼロ口座※
$5
~$40,000
約650円
~520万円
1,000倍
$40,001
~$80,000
約520万円
~1,040万円
500倍
$80,001
~$200,000
約1,040万円
~2,600万円
200倍
$200,001~ 約2,600万円~ 100倍
 ※ゼロ口座は最大レバレッジ500倍のため80,001ドルからレバレッジ制限の対象となります。

2.取引銘柄によるレバレッジ制限

2-1.通貨ペアによるレバレッジ制限

通貨ペア 最大レバレッジ
・EUR/DKK・EUR/HKD
・GBP/DKK
・USD/DKK
・USD/HKD・USD/CNH
50倍
・USD/TRY・EUR/TRY 100倍

上記ののマイナー通貨ペアの取引では、口座タイプに限らずレバレッジ制限があります。

2-2.仮想通貨銘柄のレバレッジ制限

仮想通貨銘柄は通貨ペアにより、最大レバレッジ500倍~50倍のレバレッジ制限があります。

銘柄別の最大レバレッジは下記のリストを参照ください。

仮想通貨ペア 最大レバレッジ
BTC/USD 500倍
ETH/USD 500倍
   
BCH/USD 250倍
BTC/EUR 250倍
BTC/GBP 250倍
ETH/EUR 250倍
ETH/GBP 250倍
LTC/USD 250倍
XRP/USD 250倍
   
AAV/EUSD 50倍
ADA/USD 50倍
ALGO/USD 50倍
AVAX/USD 50倍
AXS/USD 50倍
BAT/USD 50倍
COMP/USD 50倍
ENJ/USD 50倍
FET/USD 50倍
GRT/USD 50倍
LINK/USD 50倍
MATIC/USD 50倍
OMG/USD 50倍
SKL/USD 50倍
SNX/USD 50倍
SOL/USD 50倍
STORJ/USD 50倍
SUSHI/USD 50倍
UMA/USD 50倍
UNI/USD 50倍
XLM/USD 50倍
ZRX/USD 50倍

2-3.株式指数銘柄のレバレッジ制限

株式指数は銘柄によってレバレッジ制限があります。

銘柄別の最大レバレッジは下記のリストを参照ください。

株式CDF(現物) 最大レバレッジ
GER40Cash 500倍
JP225Cash 500倍
UK100Cash 500倍
US100Cash 500倍
US30Cash 500倍
US500Cash 500倍
SA40Cash 400倍
CA60Cash 250倍
ChinaHCash 250倍
US2000Cash 250倍
AUS200Cash 100倍
EU50Cash 100倍
FRA40Cash 100倍
IT40Cash 100倍
NETH25Cash 100倍
SPAIN35Cash 100倍
SWI20Cash 100倍
HK50Cash 67倍
株式CDF(先物) 最大レバレッジ
GER40 500倍
JP225 500倍
UK100 500倍
US100 500倍
US30 500倍
US500 500倍
EU50 100倍
FRA40 100倍
SWI20 100倍
USDX 100倍
VIX 100倍

2-4.貴金属銘柄のレバレッジ制限

貴金属は銘柄によってレバレッジ制限があります。

銘柄別の最大レバレッジは下記のリストを参照ください。

貴金属銘柄 最大レバレッジ
GOLD
1,000倍
XAUEUR 1,000倍
SILVER 400倍
PALL 22.2倍
PLAT 22.2倍 

2-5.エネルギー銘柄のレバレッジ制限

エネルギーは銘柄によってレバレッジ制限があります。

銘柄別の最大レバレッジは下記のリストを参照ください。

株式CDF(現物) 最大レバレッジ
BRENTCash 200倍
NGASCash 200倍
OILCash 200倍
株式CDF(先物) 最大レバレッジ
BRENT 66.6倍
GSOIL 33.3倍
NGAS 33.3倍
OIL 66.6倍
OILMn 66.6倍

2-6.コモディティ銘柄のレバレッジ制限

コモディティは銘柄によってレバレッジ制限があります。

銘柄別の最大レバレッジは下記のリストを参照ください。

コモディティ銘柄 最大レバレッジ
COCOA 50倍
COFFE 50倍
CORN 50倍
COTTO 50倍
HGCOP 50倍
SBEAN 50倍
SUGAR 50倍
WHEAT 50倍

3.臨時レバレッジ規制

XMtradingでは、大きな相場変動が予想されるイベント前に臨時のレバレッジ制限が入ることがあります。

臨時レバレッジ制限の対象となるイベントの過去の事例では

  • 通貨に関係する国の大統領選
  • 現物や先物に関係した銘柄商品の暴騰、暴落

などがありました。

臨時のレバレッジ制限がある場合には、XMtradingから事前にメールが届くようになっています。

それほど頻繁に行われるものではありませんが、メールの確認は見逃さないようにしたいところです。

なぜレバレッジ制限が設定されているのか?

レバレッジ制限は銘柄の違いによるボラティリティを考慮し、変動の大きい銘柄ほど最大レバレッジが制限されています。

変動の大きい銘柄では大きく利益を出せる一方で、大きな損失になってしまう可能性もあり、また取引量に比例して損益は大きくなります。

XMtradingではゼロカットシステムの採用で、ユーザーにマイナスの追証が発生することはありません。

そのため、変動の大きい銘柄によるゼロカット時のXMtradingが補填する金額を抑える、という意味合いも大きいようです。

レバレッジ制限は、レバレッジに制限のない海外FX会社では一般的で、XMtradingだけがレバレッジ制限を設けている訳ではありません。

XMのレバレッジ制限の注意点

XMtradingのレバレッジ制限の注意点は、「有価証拠金総額」によるレバレッジ規制が1アカウント単位で適用される点です。

XMtradingでは1アカウントにつき、8口座まで口座開設することが可能です。

1アカウント単位になりますので、開設したすべての口座の「有価証拠金」の総額になりますので注意しましょう。

また取引額が大きく場合には、知らない間に含み益によって有価証拠金総額が対象の金額に到達してしまっていることも考えられます。

その場合にはレバレッジ制限により、必要証拠金が大きく異なってきますので、その点も注意してください。

XMのレバレッジ制限の解除方法

有効証拠金総額によるレバレッジ制限の解除方法

有効証拠金総額によるレバレッジ制限の解除方法は、アカウント単位の有効証拠金総額を規定の金額まで減らす必要があります。

  • 口座残高+すべてのポジションの含み益、含み損+スワップ

が対象になりますのでレバレッジ1,000倍を維持するのであれば、有価証拠金総額を4万ドルまで取引を制限しなければなりません。

  • 為替レートが130円であれば、520万円までの有効証拠金総額
  • 為替レートが140円であれば、560万円までの有効証拠金総額

と、為替レートによっても変動しますので留意してください。

 為替取引のレバレッジ制限
対象口座タイプ 有効証拠金総額 円(130円換算) 最大
レバレッジ
マイクロ口座
スタンダード口座
極み口座
ゼロ口座※
$5
~$40,000
約650円
~520万円
1,000倍
$40,001
~$80,000
約520万円
~1,040万円
500倍
$80,001
~$200,000
約1,040万円
~2,600万円
200倍
$200,001~ 約2,600万円~ 100倍
 ※ゼロ口座は最大レバレッジ500倍のため80,001ドルからレバレッジ制限の対象となります。

また、有効証拠金総額によるレバレッジ制限の解除はXMtradingのサポートにメール、及びチャットで制限の解除を申請する必要があります。

通常であれば24時間以内に、レバレッジ制限の解除が行われます。

 レバレッジ制限解除のメール申請例 

宛先: support@xmtrading.com
件名:レバレッジ制限解除の依頼
本文:レバレッジ制限の解除をおねがいします。
口座ID:12345678

※XMtradingでは複数のアカウントでの運用は規約違反となり、最悪の場合は口座凍結もありえます。複数アカウントでの有効証拠金総額の分散は、行わないようにしてください。

取引銘柄によるレバレッジ制限の解除方法

取引銘柄によるレバレッジ制限には、解除方法はありません。

予め決められた銘柄ごとのレバレッジでのみ、取引が可能という仕様になっています。

XMのレバレッジに関するよくある質問

Q
XMTradingのレバレッジ制限とはなんですか?
A
  • 有効証拠金総額によるレバレッジ制限
  • 取引銘柄によるレバレッジ制限
  • 臨時のレバレッジ制限

があり、それぞれの条件で最大レバレッジが制限される仕組みです。

Q
有効証拠金総額とはなんですか?
A

有効証拠金総額は口座残高、ポジションの含み益・含み損、スワップを合計した金額です。

Q
有効証拠金総額によるレバレッジ制限を教えてください。
A
 為替取引のレバレッジ制限
対象口座タイプ 有効証拠金総額 円(130円換算) 最大
レバレッジ
マイクロ口座
スタンダード口座
極み口座
ゼロ口座※
$5
~$40,000
約650円
~520万円
1,000倍
$40,001
~$80,000
約520万円
~1,040万円
500倍
$80,001
~$200,000
約1,040万円
~2,600万円
200倍
$200,001~ 約2,600万円~ 100倍
 ※ゼロ口座は最大レバレッジ500倍のため80,001ドルからレバレッジ制限の対象となります。

有効証拠金総額は1アカウント単位で適用されます。

適用される金額はドル表記となっており、為替レートによって変動します。

Q
レバレッジ制限は、なぜ設定されているのですか?
A

レバレッジ制限はユーザーの資産保護を目的として、無理な取引を抑制するために設定されています。

Q
レバレッジ制限があるのはXMtradingだけですか?
A

レバレッジに制限のないハイレバレッジの海外FX会社では、レバレッジ制限は一般的でXMtradingに限られているわけではありません。

Q
複数のアカウントに資金を分散して、レバレッジ制限を回避しても大丈夫ですか?
A

XMtradingでは、複数のアカウントの保有は規約違反になります。

その場合、口座凍結やアカウントの永久凍結などもありえますので、複数アカウントの作成は行わないようにしてください。

Q
有効証拠金総額を規定額まで減らしました。レバレッジ制限は自動で解除されますか?
A

レバレッジ制限はXMtradingのサポートにメールかチャットで、制限解除の申請が必要になります。

Q
取引銘柄によるレバレッジ制限の解除方法はありますか?
A

取引銘柄によるレバレッジ制限の解除方法はありません。

XMのレバレッジ制限・まとめ

XMtradingのレバレッジ制限について解説しました。

取引金額にもよりますが、特に注意しておきたいのは「有価証拠金総額によるレバレッジ制限」というのがお解りいただけたんじゃないでしょうか

レバレッジ1,000倍と500倍では、必要証拠金が2倍も違ってきますので、口座の運用方法が大きく違ってきます。

もし取引金額が大きくなるようであれば、他の海外FX会社も利用するなどレバレッジ制限を回避する手段を検討しても良いかもしれません。