Nikon COOLPIX P900の月モード!3年に一度のブルームーンを撮影。。。失敗!?

7月31日は3年に一度のブルームーンでした。ブルームーンといっても月が青く見える訳ではなく、一月に満月が2回が含まれることをブルームーンと呼ぶそうです。

普段でも極稀に青い月が見られることもあるようですが、大気やその他の要因が重ならないと見れないとても希少性の高いものだそうです。
この満月は3年に一度のという希少性をこめた意味合いでブルームーンと呼ばれる様になったそうです。

ですので月の見え方に変化があるわけではなく、暦上での満月の見えるタイミングが希少と言うことになりますね!

とはいってもこういったイベントは嫌いな方ではありません(笑)

超望遠のデジタルカメラ Nikon COOLPIX P900の月モードでブルームーンを撮影してみたのですが。。。微ピンボケ。。。ちょっと失敗してしまいました。。。

ブルームーン ズーム動画

月モードって!?

P900には「月モード」という月を撮影するためのモードがあります。
普通に写真を撮るのと何が違うの!?と言えば

カメラ側で月の色を選んで撮影することが可能な点です。

DSCN2446-1


DSCN2444-1


DSCN2442-2


DSCN2440-1


この様に月の色を数種類から調整して撮影が可能です。
ですがちょっとモードとしては微妙ですね(笑)

ナチュラルな色合いの方が好きです。

今回は家のバルコニーから手持ちで撮影したのですがアップしすぎてピンボケしてしまいました。。。でもこれだけズームして撮影できるというのは楽しいものです!

まとめ

ブルームーンはその神秘的な呼び名から花やカクテルの名前にもなっているそうですが、本当に青い
月が見る機会があれば嬉しいですね!

つぎのブルームーンは2018年の1月になるそうですよ。

今後の月が関係したイベントといえば直近では9月27~28日にスーパームーンが見れるそうです。

日本では中秋の名月と呼ばれ、月が地球に最も接近した状態での満月となります。

通常の満月にくらべても大きく、明るく見えるそうですから今度は綺麗に撮影出来るようにしっかり準備したいと思います!

追記:9月28日に中秋の名月を撮影しました
こっちは、まぁまぁよく撮れました!